キャノンのカートリッジの基礎知識

キャノン製インクジェットプリンターに利用するインクは純正カートリッジと互換性タイプなどの種類があります。純正タイプはメーカーが製造販売を行っているインクで、プリンターの性能をフルに発揮してくれる効果を期待する事が出来ます。プリンターの性能をフルに発揮する事が出来る理由には、プリンターに最適化されたインクが利用されているからです。これに対して互換性タイプのインクは他のメーカーが製造販売を行っているもので、メリットとしては値段が安いなどが挙げられます。しかし、メーカーが製造している顔料を利用しているわけではないので、印刷品質が純正品と比べると劣るのが特徴です。但し、モノクロ印刷においてはそれほど品刷品質の違いがないので、文書などを印刷する時など互換性インクを利用する人も少なくありません。

プリンターに最適化された材料を使っているのが特徴です

キャノン製プリンターに利用するインクカートリッジはプリンターの開発と共に開発が行われているもので、プリンターの持つ性能をフルに発揮出来るなどの魅力を持ちます。インクにはモノクロとなる黒インクの「K」、黄色の「Y」、シアンの「C」、そしてマゼンダの「M」の4色が基準で、プリンターの中にはライトマゼンダやライトシアンなどの色を含むものもあります。さらに、インクの色は細分化が行われており、グレー系のインクを含めた製品もあるなど様々です。インクの色数が多くなる分、プリンターの価格や消耗品のコストも高くなりますが、印刷品質においては色数が多くなる事で、より精細な印刷が出来る、印刷品質が向上するなどのメリットにも繋がるため、写真を多く印刷したい人などの場合は、色数が多いプリンターを選ぶのがお勧めです。

互換性インクはプリンターの性能に影響を与えるのか

キャノン製のインクカートリッジは、プリンターに最適化されているので、プリンターが持っている機能をフルに発揮してくれる、高画質の印刷が可能になるなどの特徴を持ちます。これに対して互換性インクの場合もキャノン製プリンターに利用出来るインクカートリッジではありますが、インクの原料自体がメーカーで製造しているものとは異なるため、カラー印刷を行った時の再現性に違いが出て来ます。写真などを多く印刷する場合には、互換性インクでは再現性が劣るので、メーカーが製造販売を行っているインクと比較した場合、色表現が異なるなどの違いが出て来ます。しかしながら、グレースケールやモノクロ印刷などにおいては、印刷品質の違いは少なく、値段が安いなどの理由からも互換性インクを使う人も少なくありません。